免許診断書外来

当院では精神についての診断書につきまして、猟銃免許をのぞき、診察したタイミングで即日発行が可能です。

運転免許につきましては、かかりつけ患者さんのみの対応となっておりますが、それ以外の免許につきましては対応が可能です。

免許診断書外来について

  • 簡易手書き:3,300円
    診察費は別途

簡易手書きの診断書は、チェックと1~2行程度の記載で済む診断書となり、大部分がこちらに該当します。
※英文や詳細な手書き診断書は、1通5,500円となります。

注意点

診断書の各種ひな形につきましては、ご自身で印刷してご持参ください。

ほとんどの場合は「問題なし」の記載となりますが、精神状態として欠格事由が予見される可能性もあります。
その際はそのまま記載させていただくか、当院での診断書作成を見送らせていただきます。

当院で対応している免許について

当院では、以下の免許に対応しております。それぞれの免許のひな形につきまして、ご自身で用意をお願いします。

理容師・美容師免許

業務を行うにあたって、必要な認知、判断および意思疎通を適切に行うことができない精神機能の障害があるかどうかの診断書になります。

それぞれの所属団体より、必要書類をダウンロードしてください。

公益財団法人理容師美容師試験研修センターのHPおよびひな形につきましては、以下を参照ください。
※ご自身で最新書式を確認ください。

新規申請の精神診断書

各種申請書類ダウンロード

調理師免許・製菓衛生師免許

麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者であるかないかの診断書が必要となります。

基本的には保健所管轄になりますが、都道府県によっても異なりますので以下を参照ください。

公益社団法人調理技術技能センター

東京と神奈川については、以下のページ・診断書をご確認ください。
※参考様式となっているため問題ないと思いますが、ご自身で最新書式を確認ください。

新規申請の診断書(神奈川)

調理師(神奈川) 製菓衛生師(神奈川)

新規申請の診断書(東京)

調理師(東京) 製菓衛生師(東京)

各種医療系免許

医療系の専門職では、視覚・聴覚・音声機能・精神機能・麻薬や大麻、アヘンなどの中毒有無についての診断書が必要となります。
視力・聴力検査をしたりといった厳密なものではなく、業務に対して支障がないかを判断する診断書です。

医師・歯科医師・獣医師・看護師・准看護師・保健師・助産師・薬剤師・臨床検査技師・診療放射線技師・作業療法士・理学療法士・歯科衛生士・歯科技工士・柔道整復師等で、それぞれの書式があります。

看護師免許の診断書 臨床検査技師の診断書 歯科衛生士の診断書

登録販売者・医療機器販売

ドラッグストアでの登録販売や医療機器の販売にあたっても、必要な認知や判断、意思疎通ができることを精神面で証明する診断書が必要になります。

診断書(神奈川)

登録販売の手続き(神奈川) 医療機器の手続き(神奈川)

診断書(東京)

登録販売の手続き(東京) 医療機器の手続き(東京)

警備関係

アルコール、麻薬や大麻、アヘン、覚醒剤中毒者でないことと、警備業務を行うにあたって必要な認知、判断および意思疎通が行えることを証明する診断書です。

警備業関係(個人・役員用、検定用)・警備員指導教育責任者・機械警備業務管理者資格者の申請の際に必要となります。

警備関係での診断書

対応していない免許診断書

  • 猟銃免許
  • 自動車免許※かかりつけのみ