TMS治療

薬に頼らない磁気刺激治療を

TMSイメージ画像

うつ病の新しい治療法として2019年6月に保険適応にもなったrTMS療法。日本ではその要件が非常に厳しく、以下のような理由から普及には至らない現状があります。

  • 入院施設を要している必要があること
  • 特定の医療機器(ニューロスター)のみであること
  • 治療プロトコールが決められており、長時間であること

このため当院では、併設している東京横浜TMSクリニックにおいて、

  • TMS治療の技術・知識の追求
  • 通院しやすい価格
  • 安心していただける環境づくり

この3つを大切にして、安心していただけるrTMS治療を必要な患者さんに届けられるよう心がけています。

あくまでTMS治療は選択肢の一つにすぎませんので、TMS治療よりもほかの治療法の方が適切と思われる場合はお伝えさせていただきますのでご安心ください。

TMS治療の技術・知識の追求

TMSイメージ画像

TMS治療については、診察を精神科医が行わせていただきます。

TMS治療は、臨床工学技士と臨床検査技師、看護師のチームで担当させていただきます。

学術面や技術面では、TMS治療の第一人者で慶応大学の野田先生に定期的に指導いただき、また院内スタッフで新しい論文をおってアップデートしています。

MADRSやHAM-Dといった治験で用いられるような心理評価を行い、TMS治療の効果を院内でもデータベースとして蓄積し、当院独自のノウハウを蓄積しています。

このように症例を集め、大学病院と研究協力を行っていきます。

通院しやすい価格

通院しやすい価格

心の病気で苦しんでいる方は、経済的にも余裕がないことが多いです。

その一方でTMS治療は、安心できる治療機器は非常に高く、また音も大きいために防音施設も必要になります。

医療機器を専用で扱える臨床工学技士などの人材も必要となるため、どうしてもお金がかかってしまいます。

私たちはできるだけ患者様が通院しやすいよう、できる限り価格を抑えました。

それは当院がビジネスを主目的にせず、専門的にTMS治療を実践できる場をつくることで、向学心のある優秀な医療者に集まっていただくことを最大の目的としているために実現しています。

安心していただける環境づくり

TMS治療は、頻回に通院治療が必要となります。このため、安心して通院いただける環境づくりはとても大切です。

当院ではITサービスを最大限に活用し、WEB問診やネット予約を導入し、電子カルテを基幹システムとして自動受付、自動精算機、待合表示などがシームレスに連携するようになっています。

なるべく診察や治療以外でお待たせしないよう心掛けています。

また番号でお呼びしますので、プライバシーにも配慮しています。

もちろん内科運営の知見を活かして、感染対策も念入りに行っています。

東京横浜TMSクリニック

東京横浜TMSクリニックは、武蔵小杉こころみクリニックと同じビルの7階となります。

こちらは自由診療専門のクリニックとなっており、武蔵小杉こころみクリニックにてTMS治療が適切と判断された方に限りまして、rTMS治療を行わせていただきます。

東京横浜TMSクリニックのホームページ

TMS治療の情報ページ

ご予約・ご相談

初めて受診される患者様は、
初診専用ダイヤルへお電話を!

070-3103-7088

その他、お問い合わせは総合窓口へ

044-299-7099